家主にとってのメリット

男性

家賃収入が保証される

家賃債務保証を利用すると、毎月の家賃収入が保証されます。家賃債務保証とは、保証料を得る代わりに、賃貸保証会社が入居者の連帯保証人となるサービスのことです。入居者が家賃を滞納した場合には、賃貸保証会社が代わりに家賃を支払ってくれます。そのため、家賃の滞納があったとしても、毎月の家賃収入をしっかり確保できます。さらに、入居者とのトラブルを避けることもできます。もしかすると、家賃を滞納したのは、入居者がうっかり忘れていただけかもしれません。そうであったとしても、家主自身が入居者に家賃を催促するとなると、手間がかかります。その上、対応の仕方を間違えると、入居者が悪質なクレーマーに変貌する可能性もあります。家賃債務保証を利用すれば、家主が自分で入居者に催促する必要はありません。賃貸保証会社が家賃を立て替えた場合、立て替えた分の家賃は後日、賃貸保証会社から入居者に請求されます。また、家賃債務保証の利用は、入居率の向上にもつながります。現代の日本には、身寄りのない高齢者・障がい者世帯・外国人滞在者など、連帯保証人を立てたくても立てられない人が大勢います。連帯保証人が立てられないからといって入居を断っていると、空室のままとなり家賃収入が得られなくなります。家賃債務保証であれば、入居者が家賃を支払えない時は、賃貸保証会社が立て替えてくれます。したがって、連帯保証人がいない場合でも、安心して入居させることができます。