保証会社選びのポイント

お金

資本力や免責期間にも着目

滞納トラブルなどから、昨今は家賃保証の利用を必須とする物件が増えています。しかし家賃保証は保証会社によって内容にも違いがあり、保証範囲の幅が異なるなどの理由から、依頼にあたっては十分なリサーチが必要です。家賃保証会社を選ぶ際のポイントの1つ目は、経営が安定している保証会社を選ぶことです。なぜなら資本力が弱かったり、経営が不安定な保証会社に依頼をすると後々に倒産して保証契約が無効になるリスクを抱えるためです。そのため依頼先を選定するときは、実績や資本力、収支状況などにも十分に注意を払っておきます。2つ目の依頼のポイントが、免責期間の長さを知っておくことです。多くの家賃保証サービスには免責期間が設けられており、入居者が集まるまでのある程度の期間は保証会社の家賃弁済が免責される取り決めが成されています。通常期間は1,2ヶ月程度ですが、会社によってはさらに長い期間を設けているケースもあります。逆に免責期間が短い方が大家側には家賃保証による弁済を受けやすくなるメリットがあるため、その期間は調べておきたい事項の1つです。そして最後に意識しておきたいポイントが、代位弁済のスピードです。実際に保証に基づいて代位弁済を保証会社に行ってもらう場合、滞納報告後すぐに行う会社と、締め日を設けていてその日を基準に支払いを行う会社に分かれます。大家側もローンを抱えている場合、この代位弁済の期日がローン返済に影響することも考えられます。そのため家賃保証の依頼先を探すときには、代位弁済のスピードも考慮するだけのメリットが十分あります。