不動産管理を便利に

PCを使う人

システムの選び方

不動産管理システムとは、不動産関係業務を便利にしてくれるシステムのことです。大きく分けて、営業支援型の不動産管理システムと、管理支援型の不動産管理システムがあります。営業支援型のシステムでは、不動産情報をポータルサイトに一括投稿してくれるシステムや、間取りの作成補助、集客のためのコミュニケーションツール提供などのサービスなどが提供されることが多いです。管理支援型のシステムでは、家賃の入出金を管理してくれるものが一般的です。これらの機能を併せ持った複合型のサービスも登場してきています。不動産管理システムは、プログラムをインストールするタイプとクラウドタイプに分けることもできます。プログラムインストールタイプは、管理が容易で、限られたサービスを使いこなすときには便利なものです。通信状況に関わらず、インストールされたツールを持ち運べば利用できるというメリットもあります。ただ、アップデートにはその都度新しいプログラムをインストールする必要があり、やや面倒というデメリットもあります。クラウド型のサービスでは、インストールの手間が省けるため、すぐに導入でき、アップデートも簡単というメリットがあります。しかし、セキュリティーの問題が生じることもあるというデメリットもあります。不動産管理システムを導入するときは、どのような業務を効率化したいのかを考えて導入することが大切です。ツールが多すぎても使いこなせないと意味がありません。必要なツールに絞るのも使いこなすコツといえます。

家主にとってのメリット

男性

家賃債務保証を利用すると、入居者が家賃を滞納した時は、賃貸保証会社が代わりに家賃を支払ってくれます。そのため、毎月の家賃収入は保証されますし、連帯保証人がいない場合でも安心して入居させられます。家主自身が家賃の催促を行う必要もないので、入居者とのトラブルも回避できます。

保証会社選びのポイント

お金

保証内容の違いなどから、家賃保証の依頼先を決める場合にはポイントを押さえ、十分なリサーチが必要です。資本力があって経営も安定している会社を選び、免責期間の長さにも注目しておきます。また代位弁済のスピードも、家賃保証会社を決める上での重要なポイントです。

マンションを利用した投資

レディ

マンション経営では、空室リスクを低く抑えられることができるとして現在注目されています。マンション経営は複数室を賃貸として貸し出すため空室リスクを抑えて続けていくことが出来ます。他にもローンを利用し物件を購入出来るので少ない資金でも始めることができるとして多くの人に人気があります。